球の速い投手はホントに有利なのか?

またつまらない自己解決型の題材です^^; 少年野球でビックリするほど球の速い投手がいますね。 過去に対戦した相手で、体系も中学生並みで、大人でも投げられないような速球を投げる投手がいました。 さてここから本題です。 対戦相手の投手が「速球派」「軟投型」だった場合、どちらが攻撃側としては嫌ですか? 私は「軟投型」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

返事とコミュニケーション(選手も監督、コーチも)

仕事などの都合で暫く更新をしていませんでした。 気が向いたときに勝手なことを今後も書かせていただきます^^v さて選手とのコミュニケーションは難しいですね。 注意したいのは監督、コーチからの「一方通行」のコミュニケーションです。 "伝える"ことは簡単ですが「わかってもらう」ことは非常に難しいです。 昨年春か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はねつき(シャトルバッティング)とタオル打ちのすすめ^^

※私見ですので異論がある方、ご意見を頂ければ幸いです^^。 「ティーバッティングより効果的な練習方法」であり「楽しめるバッティング練習」ということで"はねつき"と"タオル打ち"をおすすめしたいと思います! 現状のティーバッティングというものを分析してみました。 「斜め前から投げられるボールを引っ張るイメージでネット…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

色々と考えなければならないこと(チーム関連)

秋季大会真っ只中のこの時期にも考えなければならないことがあります。 そんなことから話題を広げて書いてみたいと思います^^ ひとつ目は「次期低学年監督人選」。 11月に3年生以下の大会があり、その時の「監督人選=次期低学年監督」となります。 我がチームは各学年の親が監督を実施します。 3年生以下で考えますと、実は親御…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気持ちの切り替え

「チャンスに打てなかった選手」「エラーをして得点を許してしまった選手」 みなさん、その選手に「(気持ちを)切り替えろ!」と言いますよね。 でもどうやって気持ちを切り替えるのでしょうか? 『インスタントにできる方法は無い』 東海大学の高妻容一先生がQA形式にて回答されている"Mental traning"にも書かれてい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

合宿の成果(高,低学年共勝利!)

週末より市内秋季大会が始まりました。これを皮切りに他市の秋季大会も始まります。 <この暑さ…秋の気配無しですが^^;> 土曜日の高学年、今年一度も勝てていないチームとの初戦。 相手は他市の大会などで入賞する強豪チーム! 1回の表、不運なヒットやエラーが絡み満塁、5番の強打者に右中間を抜ける本塁打を打たれいきな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

左投手(攻撃側の心理)

先日、6年生チームが練習試合で左投手と対戦しました。 私は1累審をやりましたが、いやぁ~我がチームは見事に引っ掛かっていましたね。 3人ぐらいけん制→ランダンプレーでアウトとなりました。 その後は、選手のリードが小さくなったのも仕方ないかと…。 相手投手のけん制がとてもうまかったですね。 私も1塁審をやりながら「うまい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more